VORT AKIHABARA MAXIM, 1-7-9, KANDASUDACHO,
CHIYODA-KU, TOKYO, 101-0041

Bizmates, INC.

Facebook
Twitter

新卒2年目が感じた、自身と事業を成長させる為に必要な”チーム力”

新卒2年目が感じた、自身と事業を成長させる為に必要な”チーム力”

ビズメイツでは、2020年より新卒採用を開始し毎年新入社員が入社しています。

今回は、2021年に新卒として入社した2名にインタビュー。同じ営業職ではありながらも、所属する事業部や関わっているプロダクトの規模が異なる2人に、約1年働く中で感じたビズメイツでの仕事について聞きました!

 

様々なバックグラウンドを持ったメンバーや事業内容から、仕事を通じて自己成長できる環境があることに魅力を感じた

改めてですが、数ある企業のなかで最終的にビズメイツに入社を決めた理由を教えてもらえますか?

加藤:
チームの規模感、社員さんの特色、事業内容、仕事の幅などの理由があります。
それまでの学生時代の経験を振り返ると、大規模なコミュニティよりも小さなコミュニティで活動していることが多かったんです。自然とそういった環境を好んでいたのだと思います。だからこそ会社内の組織が大きすぎず、気軽に話せる密な環境は魅力に感じました。
加えて、チーム編成が小さければ小さいほど、1人の仕事の幅は広くなります。幅広く仕事を経験することで、自分自身がどんな仕事にやりがいを感じるかを探りたいと考えていた私にとって、ビズメイツは絶好の環境でした。中途採用の先輩方も多かったことも魅力でしたね。様々なバックグラウンドがあるメンバーから多くの刺激を受けて、自身の成長につなげたいと考えていましたし、事業内容が「IT×グローバル」で関心のあるテーマだったことも決め手になりました。

志岐:
最終的には、最終面接でお会いした社長の鈴木さんや当時の営業ディレクターと話した際に「この方たちのもとで学べたら成長出来そう」と思ったことが大きかったです。
最終面接でお話を伺った時に、ビズメイツは「青い炎」という印象を受けました。情熱と冷静さのどちらも兼ね備えているというイメージです。ただ熱く動いていこうというわけではなく、ロジカルな考えも持ちながら自分も事業も成長させていけるのは良いなと思いました。
また、質疑応答のなかで自分自身に関することだけではなく、周囲との連携やコミュニケーションに関することも聞かれ、利他と利己のバランスを大切にしたいと考えていた私にとっては魅力的に感じました。

大切なのは「チームとしてどのように成果を出すか」だと実感しています

ビズメイツに入社して1年経ちましたが、1年間仕事をする中での学びや、自分自身が「成長したな」と思うことがあれば教えてください。

志岐:
個人ではなく、チーム単位での視点を持って、行動できるようになった部分に成長を感じます。自身だけで完結して仕事をするのではなく、チームとしてどうやって成果を上げるのかを意識し、アウトプットまでつなげることができるようになってきたことが、入社して大きく伸びた部分だと思います。

加藤:
私はこの1年間で、掲げた目標数値を管理する力とそこに責任を感じる力が成長できたと感じています。プロダクトに深く関われば関わるほど、自身の重要性はもちろん、志岐さん同様にチームと連携することの必要性に気付きました。
だからこそ、まず自分が立てた目標数値を徹底的に追い、達成する。達成するために、日、週、月単位でどう動いていくか計画を立て、状況に合わせてに動く。こういった仕事の仕方ができるようになったことは大きな成長だと思っています。

「チームで成果を出しにいく」というところが仕事内容はちがっても共通ポイントですね。もう少し詳しく聞かせてもらえますか

志岐:
成長するためには年次に関わらず、お互いに切磋琢磨し合って支え合えるチームが必要だと思っています。
実際に、お客様との商談を作る為の架電やメール配信業務がなかなか成果に繋がらず悩んだ時期があったのですが、ただ先輩にアドバイスを求めるだけではなく、いち新入社員ではありながらも、自分から見える意見を発信し議論をしていくことで先輩社員からも沢山の意見やアドバイスをいただくことができ、乗り越えられた経験があります。

この経験から「自己満足にならずにチームとして成果を出すには何が必要か?」という目線で考えるようになり、年次に関わらず意見を発信していくことの大切さや、意見を伝え合えるチーム環境の大切さを実感しました。
ただわがままに自分の意見を発信していくという事ではなく、年次に関わらず健全に議論をしたり、応援したいと思ってもらえる信頼を得ていくためにも、まずは日々できることにコツコツと取り組んでいこうと思うようになりました

加藤:
私がかかわっている『GitTap』は、リリースされて約1年半のプロダクトです。このような新規のプロダクトはとにかく、最速でPDCAを回す。最速で失敗しにいくことが大切だと、尊敬する上司に教えていただきました。私のKPIはアポ獲得数、契約数のため、架電やSNS、メールなどアプローチ方法がありますが、日次の結果を見ながら、必要に応じて思い切って方向転換し、チャレンジしています。失敗を恐れず、進んでトライアンドエラーするよう心掛けています。

実は、営業の役割を担っているのはチームで私のみ。その他のメンバーもそれぞれカスタマーサクセスやマーケティングなど役割を持って動いています。しかし、役割を区切って仕事をしていくのではなく「『GitTap』として成長していくためには何が必要か?どう成長していくべきか?」というスタンスで、チーム内で日々コミュニケーションを取りながら働いているので、数字に対する責任はありつつも孤独感はありません。

困ったことがあっても上司にすぐに相談して、必要な行動を明確にしているので、思い切って仕事が出来ていますね。

プロダクトを成長させるとともに、顧客への価値を最大化できるチーム作りにチャレンジしたい

入社後に感じたビズメイツの良い所を教えてください

志岐:
私は部署や役職関係なく、様々な能力を持っている先輩社員の方々から直接指導をしていただけることですね。会社の規模感が大きくないからこそ出来ることだと思っています。
また、多角的に物事を考えられる環境であることも魅力だと思っています。加藤さんがビズメイツ入社理由として言っていましたが、ビズメイツには新卒中途問わず様々なバックグラウンドを持った方々がいます。その分色々な考えや経験をお聞きしながら仕事が出来る点は良いなと思っています。

加藤:
先ほど重なりますが、チーム内で色々なことを共有しながら働ける点ですね。
仕事状況だけではなく私のチームは毎週、一週間を振り返り、心情のバロメーターを共有するミーティングをしています。仕事でこんなことがあって嬉しかった、悲しかった、辛かったなどなど。自分の想いを共有するのは簡単そうですが意外と、自身で留めていることが多いんです。だからこそ、この様な場を設けて、互いの感情の波を知り、チーム全体で支え合っています。これをきっかけに、チームへの愛着が増しています。

志岐:
あとは「お客様のビジネスの成功まで並走できる」という部分もいいなと感じています。『Bizmates』『Zipan』は入り口から出口まで、お客様の課題解決に向けて支援し続けられるビジネスモデルです。サービスを売って終わりではなくお客様に並走し、変化も感じながら仕事ができると感じています。
私自身がアプローチしたお客様も最終的にはフィールドセールスに繋ぎますが、社内で状況を把握することができるので、遠くからでもお客様の成長過程を見られることは魅力だと思います。

逆にまだまだだなと思うところや、もっとこうなったらいいのにと思っているところはありますか?

加藤:
現在は、フィリピンに子会社がありますが、もっと多くの企業、国に『ビズメイツ』という会社や『GitTap』の存在を知ってもらえるような規模に成長していけたらいいなと思っています。

志岐:
自分自身がより成長していきたいという視点からになってしまうのですが、メンバー同士が今以上に活発に意見を出し合って、お互いに切磋琢磨して成長していけたらいいなと思っています。自己中心的な意見の出し合いではなく、他者と協働するなかで自分も相手も成長し続けられるような対話を繰り返しながら働くことが出来たら会社としてももっと強くなると思います。

今後の意気込みやキャリアビジョンを教えてください。

志岐:
「海外で仕事をしたい」とか「仕事で英語を活用したい」と検討する方が、一番最初に「ビズメイツに相談しよう」となるようなブランドの構築に貢献したいです。法人契約では、サービスのクオリティーと比較して、まだまだサービスをお届けできていない層が多いと感じています。
今は同じマーケティンググループのプロモーションチーム(SNS運用や広告運用を担当するチーム)が獲得した後のお客様サポートがメインですが、私自身ももっと上流のリード(お客様からのお問合せやアクション)を作る部分へも関わっていきたいです。

加藤:
私は『GitTap』を『Bizmates』に劣らない、主力のプロダクトに成長させたいと考えています。『GitTap』を少しでも多くの人に届け、価値を実感してもらいたいです。新規プロダクトを一人前の事業にできたら、ビジネスマンとして、大きな自信に繋がると思います。
まずは、『GitTap』を少しでも多くの企業様に利用いただき、効果を実感いただく。これが私の務めです。将来、『GitTap』がシェアを獲得できるサービスとなるためにも、今ご利用いただいている企業様、検討頂いている企業様に向き合い、目の前の取り組むべきことを、全速力で実行していきたいと思っています。他にも、外国籍採用の意義、将来性をより多くの企業に伝えていきたいと思っています。外国籍採用が今後いかに重要な戦略であるか、認識していても行動に移せていない企業は多くいます。そんな企業の第一歩をサポートできる営業人材になりたいですね。

 


コンタクト

今すぐの転職は考えていないけど、新しいポジションやアップデート情報などあれば
知りたいという方は、こちらからご登録ください。
To learn about new positions and updates from Bizmates, please register here.

CONTACTフォーム



Welcome Back 制度

個々のライフプランやキャリアプランによりビズメイツを退職した方が、退職後に培った様々な経験や強み等を活かし、再びビズメイツの一員として活躍して頂く機会を作ります。
We will create opportunities for those who have left Bizmates to return to work at Bizmates, taking advantage of the various experiences and strengths they have developed since leaving Bizmates.

Welcome Back フォームへ

 

新卒採用

NEW GRADUATE

新卒採用TOP

新卒採用

キャリア採用

CAREER

キャリア採用TOP

キャリア採用